食の四国フェア


■伊勢丹新宿店本館6階=催物場

四国ぐるりと、美味めぐり。
はじめて出会うグルメあり、
県をまたいだコラボあり。
発見に満ちた食文化をご堪能あれ!

EAT IN

営業時間:各日午前10時30分 - 午後8時

最終日午後6時終了
ラストオーダー各日終了30分前

お国自慢が手を組んだ!
伊勢丹新宿店だけのコラボ企画。

香川のうどん
× 徳島のすだち・わかめ

※徳島 すだち・鳴門わかめうどんは、6月24日[水]・25日[木]限りのご提供となります。

毎日1時間だけ、製麺所に行列が!?

昭和5年創業、全国のさぬきうどんファンから信頼と人気を誇る〈日の出製麺所〉。香川県内の製粉会社4社のうち3社が所在する、うどんづくりに恵まれた街、坂出市にあります。

人気の理由は、もちろんそのおいしさ。うどんづくりは、小麦粉の目利きにはじまり、配合、練り方、塩との相性が味とコシを大きく左右します。その日の温度・湿度によって微調整を加え、いつでも高いクオリティに仕上げるのは、熟練の職人の経験と技があってこそ。

そしてなんと〈日の出製麺所〉では、店頭で打ちたてのうどんを食べることもできるのです。あくまで「製麺所」が本業のため、店頭で食べられるのは毎日たった1時間だけ。よって連日、行列必至というわけなのです。そのにぎわいからも、人々をとりこにする味わいをご想像いただけることかと。

そんな行列のできる製麺所のさぬきうどんが「食の四国フェア」に登場。今催物では、イートインの営業時間中、いつでもお召しあがりいただけますよ!

ミッション。最高の相棒を探せ。

さぬきうどんのおいしさを、さらに引き上げる具材は何か? 試行錯誤のうえ、ついに理想の特産品に徳島県で出会いました。

一つ目が「すだち」。徳島県と言えば、まず名前があがる柑橘類であり、全国生産量の約97%が徳島県産。爽やかな香りと酸味は、料理の味わいをぐっと引き上げること請け合いです。

※すだちの生産量シェアは、農林水産省 平成24年産 特産果樹生産動態等調査より算出。小数点以下四捨五入。

二つ目は「鳴門わかめ」。鳴門海峡の中でも、とくに潮の流れが速いといわれる鳴門市の鳴門町と里浦町の沿岸で生まれ育ったわかめのみを漁師さんから直接仕入れた、新町橋〈八百秀商事〉の鳴門わかめを使用。良質の味、香り、色をお楽しみいただけます。

さて、香川×徳島。その味はいかほど?

ツウは語る、「旨いうどんは、見ただけで分かる」。光るツヤ、なめらかな肌、写真からも伝わるでしょうか? うどんの上には輪切りにしたすだち、鳴門わかめをたっぷりと。大ぶりの海老天、玉子天もついて、見た目も豪勢です。

まずはお出汁をひとすすり。すだちの香りがスーッと鼻腔に抜け、どんどん飲みたくなるものの、箸は早くもうどんに。感動モノのツヤ肌うどんをツルリ、シコシコ噛みしめれば、気分は香川にひとっ飛び。

ひと息ついたら鳴門わかめをいただきましょう。他のわかめとは一線を画す、シャクシャクとした歯ごたえの楽しさは、うどんの食感といい勝負。いやはや徳島も負けていません。

うどんはもちろん、海老と玉子の天ぷらも、すだちの爽やかな酸味でさっぱり食べられるのがうれしいところ。

まさにこの季節にぴったり、伊勢丹新宿店だけの1杯。ぜひご賞味くださいませ。

EAT IN

香川県名物さぬきうどんと、四国四県の特産品が日替りコラボ!

〈香川/日の出製麺所〉四国コラボうどん
各日100食限り
各1,080円 (温・冷/1人前)

24日[水]・25日[木]
徳島 すだち・鳴門わかめうどん

26日[金]
香川 オリーブ牛肉うどん
「香川県・小豆島産オリーブの飼料で育てた讃岐牛を使用」

27日[土]
高知 はちきん地鶏天うどん
「脂身少なめ、ほどよい歯ごたえで味わい深い、高知県産地鶏を天ぷらに」

28日[日]・29日[月]
愛媛 しらすうどん
「ふっくら、やわらか。愛媛県産の釜揚げしらすをたっぷりのせて」

定番メニューは、毎日ご用意!

えび玉天うどん 981円/えびすり身天・温玉うどん 781円/ちく玉天うどん 540円/ぶっかけうどん 324円(温・冷/1人前)
釜玉(ゆず卵)ちくわうどん 540円/釜玉(ゆず卵)うどん 432円(温/1人前)

愛媛のパン
× 四国の青果

ぱんや雲珠(うず)。こんなパン屋さん、見たことないかも。

2011年に愛媛県松山市道後北代にオープン。天然酵母や地場野菜、世界各国のチーズやスパイスを使用したこだわりの味、自由な発想による個性豊かなパンが並ぶ、人気のパン屋さん。

パンはもちろん、「洞窟」をコンセプトにした、お店の作りも魅力のひとつ。外観もさることながら、内装もかわいくて個性的なんです。

扉を開くと、焼きたてパンの香りがふわり。オープンキッチンの手前に設置された弧を描く陳列台には多種多様なパンたちがずらり。壁面のイラストや小物にまでこだわりが詰まった、まさに雲珠ワールド! 四国にご旅行の際は、お店にも足を運んでみては?

「高知トマトのスモークソルト」は、四国の大地の味がした。

さてさて、今回の目玉商品のご紹介を。ひとくちパクリ、まず驚くのが、新感覚のしっとり&モチモチ食感。その秘密は、生地に練り込んだじゃがいも。素朴な味わい、しっかりとした食べごたえに、うむむと唸ります。

その生地を大きなベーコンでくるりと巻き、高知県産のプチトマト、愛媛県産のかぼちゃ、にんじん、ブロッコリーをゴロッとトッピング。ベーコンの油でパン生地がカリッとしている部分も美味!

またどの野菜もしっかりとした素材の味が引き立っており、店主の野菜愛もビシビシ感じます。食べ進むごとに、いろんな野菜の味わいが楽しめるのも魅力です。

仕上げはスモークソルトのふくよかな香り。塩漬豚肉の燻製であるベーコンはもちろん、野菜やパン生地にもマッチ。ワンランク上のお食事パンをご堪能あれ!

「いよかんクロワッサン」は、生地も風味も層が厚かった。

外はザクザク、中はモチモチ、お米の酵母から作ったクロワッサン。中にはクリームチーズとトンカ豆、そして愛媛県産いよかんペーストを合わせたフィリングをイン。フルーティーで爽やかな風味が口じゅうに広がります。

ちなみにトンカ豆、ご存じですか? ベネズエラで採れる豆科の植物で、バニラのような、杏仁のような、甘く複雑な香りが特徴で、近年注目のスパイスです。

さらにパンの上にも、ひと工夫。アーモンドクリームにカルダモンを混ぜ合わせたクリームをのせて焼きあげています。しっとりクッキーのような食感と、アーモンドの香ばしさ、そしてカルダモンの香りが絶妙なアクセントに!

さまざまな風味が渾然一体となったクロワッサン。パン職人の力量が表れた1品と言えそうです。

実演 個性豊かなパンがいろいろ!

A

B

C

D

E

〈愛媛/ぱんや雲珠(うず)〉
A.高知トマトのスモークソルト 381円 (1個)
B.いよかんクロワッサン 381円 (1個)
C.まるこげ 261円 (1個)
「竹炭を使った生地に、デンマーク産クリームチーズとチェリートマト入り。鉄玉のような見た目なのにやわらか」
D.栗豆サワー 531円 (1個)
「ライ麦からおこしたサワー種を使い、愛媛県産の栗と黒豆、もち麦を練り込みました」
E.マカダミアレーズン 401円 (1個)
「にんじん、じゃがいもからおこした野菜の酵母を使い、マカダミアナッツとレーズンをたっぷり練り込みました。外はしっかり、中はもっちり」

香川のオリーブ牛
× 高知の土佐あかうし

ただの食堂と思われては困ります。

香川県の老若男女から愛される飲食店〈讃岐食堂〉。たくさんのメニューの中でも特に人気なのは、銘柄牛をはじめとする肉料理。

それもそのはず、〈讃岐食堂〉は自社生産・自社買付・自社加工にこだわりを持つ精肉卸業者が営むお店。だからこそ、肉のプロが選んだ良質な牛肉を厳選してご紹介できるわけです。

今回は、「食の四国フェア」特別企画として、話題のブランド和牛2種を盛合せたゴージャスなお弁当が登場します!

「オリーブ牛」のステーキと、「土佐あかうし牛」のスライス。

まずはステーキ。こちらは、贅沢にロースを使用した香川県産の「オリーブ牛」。日本オリーブ栽培発祥の地として知られる、香川県小豆島のオリーブの絞り果実を乾燥させた飼料で育てた、上位ランクの讃岐牛です。ほんのりと香るオリーブの風味は、瀬戸内の豊かな自然を連想させてくれます。

やわらかな赤身、さっぱりとした脂身は口の中でとろけて、いくらでも食べられそうと評判。女性やお子さまに人気なのもうなずけます。

もう一方のスライスは、高知県産の「土佐あかうし」。高知の雄大な自然の中で放牧され育てられています。

赤身とサシのバランスがよく、とくに赤身の旨みと甘みを堪能できる和牛です。オリーブ牛と同様に脂の融点が低いことから、さっぱりとした口溶けをお楽しみいただけます。

お肉の脇を固めるのは、オクラの胡麻和え、竹の子の土佐煮、出汁巻玉子、そして香川県の郷土料理のしょうゆ豆。付け合わせも一風変わって魅力的です。

肉好きなら1度は食べていただきたい、1日50食限定、四国の特色ある和牛の食べくらべ弁当。今日のゴハンは、ちょっと贅沢してみませんか?

提供/高知県畜産振興課

徳島のハモ
× 愛媛のアナゴ

ハモをもっと身近な食材に。

1994年創業の〈吟月〉は、徳島の地魚を中心に四季折々の味覚を供する、魚好きなら折に触れて通いたくなる和食店。数ある魚の中でも評判なのは、言わずと知れた高級魚のハモ。「ハモといえば京都でしょ」と反応される方も多いですが、徳島県はハモの日本有数の産地なのです。

〈吟月〉では地元、徳島県産ハモを、できるだけリーズナブルに提供。高級かつ自宅では調理が難しいとされるハモを、もっと気軽に味わっていただきたいという思いのなせるわざです。

姿は似ている。味はどうだ?

そんな〈吟月〉が手がけるコラボ弁当は、徳島県の「ハモ」に愛媛県の「アナゴ」をマッチング。ご飯の上に焼ハモと煮アナゴをギッシリ敷きつめました。

ちなみにハモとアナゴはパッと見だと似ていますが、顔が全く違います。ハモは鋭い歯を持ち尖った顔、アナゴはウナギに似てつるっとした顔です。ご存じでしたか?

さて、話を戻して実際にいただきます! 徳島県産のハモは、身の締まり、脂のりのよさが特徴。鮮度のいいうちに捌き、強火で食欲をそそる香ばしい焼き上がりに。骨切りによる柔らかなのに歯ごたえを感じる独特の食感、上品な甘みは、いつまでも食べていたいと思わせてくれます。

お次はアナゴに箸をのばしましょう。愛媛県が面する瀬戸内海はアナゴの一大産地で、愛媛県産アナゴは身が厚く、旨味たっぷりと評判。昆布と酒で下味をつけ、風味が引き立つように薄味でじっくり煮ています。しっとり溶け込むような口あたりは、熟練の料理人仕立て。アナゴ本来のおいしさが口じゅうにひろがる、素材のよさを存分に引き出したその腕前には脱帽です。

砂糖の甘みがきいたツメ(タレ)や、ピリリと辛みがきいた粉山椒も付いているので、お好みで味わいの変化も楽しめます。

夏が旬と言われる、ハモとアナゴ。食感、味わいともに甲乙つけがたいところです。ちょっとはしたないかもしれませんが、大きな口で両方ともぱくりといくのもたまりませんよ。

素材も発想も新鮮!ご当地スウィーツの旅!

EAT IN

〈愛媛/ステクル本舗〉
みかん氷り・苺氷り 各540円
(1カップ)

実演

〈高知/Café du glace〉
ソフトクリームエスプレッソ 594円
(150ml)

〈愛媛/田那部青果〉
ちゅうちゅうゼリー「津の香」(175g)
各日100点限り 各324円

※清見タンゴール・伊予柑レモン・夏みかん・八朔・はれひめ・天草・ネーブルオレンジもございます。

〈愛媛/霧の森菓子工房〉
霧の森大福
各日100点限り 1,080円
(8個入/1箱)
※おひとりさま1点限りとさせていただきます。

〈愛媛/一六本舗〉
一六タルト 柚子 648円
(長さ約21.5cm/1本)

〈愛媛/清光堂〉
一福百果 まるごとみかん大福 400円
(約90g/1個)

〈香川/ばいこう堂〉
干菓子 「夏涼み」 1,080円
(42個入/1箱)

〈愛媛/別子飴本舗〉
和・チーズケーキ 各216円
(プレーン・伊予柑・なると金時/各1本)

〈愛媛/水口酒造〉道後ビール各種 各501円 (330mlプラコップ)

写真左から:
○ キレがよく、さっぱり「ケルシュタイプ」(通称:坊っちゃんビール)
○ 深みのある色、ほのかな甘味「アルトタイプ」(通称:マドンナビール)
○ 香ばしい香りと苦味「スタウトタイプ」(通称:漱石ビール)
○ 苦みが少なく、フルーティー「ヴァイツェンタイプ」(通称:のぼさんビール)

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

その他の出展


〈香川/アネラ〉南蛮漬、〈香川/SOUJU〉自家農園産エキストラバージンオリーブオイル、〈香川/渡海屋〉いりこ、〈愛媛/青木水産〉ちりめん、〈愛媛/えひめ・宇和島 海賊どんぶり〉宇和海 海賊丼、〈徳島/八百秀商事〉鳴門生わかめ、〈徳島/阪東食品〉ポン酢・ゆず果汁、〈徳島/三八〉徳島ラーメン、〈高知/パグパグ畑〉トマト、〈高知/大熊〉鰹たたき、〈高知/四万十うなぎ〉うなぎ蒲焼、〈四国食べる通信〉四国野菜・グローサリー