〈リッドテーラー〉が仕立てる、
銭形の“あの”コート


Inspector Zenigata × LID TAILOR

「いつまでも着続けたい・着るほどに愛着が増す」服づくりを目指す根本修氏。若き日にモッズスタイルに親しみ、テーラーやモデリストとしてキャリアを積み、2006年に〈リッドテーラー〉を開業した。サヴィル・ロウの〈アンダーソン&シェパード〉に代表される、着用者の肩傾斜に近いショルダーラインを備える“ソフトテーラリング”のスタイルが根本氏の好みだという。
今回のコラボレーションでは、銭形警部のアイコンでもあるトレンチコートのオーダーを実現。新たに型紙から起こし、英国ダグデールブラザーズ社の生地を使用したスペシャルな一品だ。また英国ホーランド&シェリー社の生地を使ったスーツは、ソフトテーラリングで仕立てられ、かっちりとした見た目ながら軽く柔らかな着心地。1対1ならルパンにも負けないという、運動量の多い銭形にふさわしいスーツだといえるだろう。

リッドテーラー〉メイド トゥ メジャー
コート 280,800円から
スーツ 356,400円から
シャツ 43,200円から
※お渡しは約5週間後となります。

フランコスパダ〉ネクタイ 9,720円
インブロヴィゼーション〉タイバー 4,212円
東京ハット〉フェルトハット 32,400円

【銭形警部】

ICPO(インターポール)のルパン三世専属捜査官であり、江戸時代の有名な岡っ引きの子孫。ルパン逮捕に執念を燃やし、ルパンのことならだれよりも熟知している。