音楽界のルパン参上!

大野雄二氏
スペシャルインタビュー

誰もが知るであろう、あの『ルパン三世のテーマ』を生みだし、『ルパン三世』新テレビシリーズの音楽も手がける、ジャズプレイヤー・作曲家の大野雄二氏。シーンの第一線を疾走し続ける大野氏に、「音楽」「ルパン三世」「ファッション」「挑戦」について語っていただいた。

大野雄二_Yuji Ohno

小学校でピアノを始め、高校時代にジャズを独学で学ぶ。慶應大学在学中にライト・ミュージック・ソサエティに在籍。藤家虹二クインテットでJAZZピアニストとして活動を始める。その後、白木秀雄クインテットを経て、自らのトリオを結成。解散後は、作曲家として膨大な数のCM音楽制作の他、映画やテレビの音楽も手がけ、数多くの名曲を生み出す。近年は再びプレイヤーとして積極的にライブ活動をしている。『ルパン三世』新テレビシリーズの音楽を担当するなど、その勢いは止まらない!


大野さんと音楽の出会いは?

中学の時に音楽好きの友人に連れられて南里文雄さんというデキシーランド系のバンドのコンサートを見に行ったのが初めての生のジャズの体験。その前座に出ていた名前も知らないモダンジャズのバンドがカッコイイと思ってね、今でもよく覚えているよ。

それからというものジャズを聴くのが好きだったんだけど、中学生の頃はあくまでジャズは聴くものって思っていたのが、高校に進学したら文化祭の模擬店でジャズ喫茶があって。教室を喫茶店に見立てて、中ではバンドが生演奏していて。すごい上手い演奏をしていたんで、てっきりプロを呼んだのかと思っていたら、同じ高校のやつと大学から応援に来たメンバーの混合バンドだった。

「高校生でもこんなに上手くジャズができるの!?」ってショックを受けてね。その瞬間から僕は猛烈にジャズを演奏してみたくなり、フルバンドの高校生版同好会を作って、そこでピアノを弾き始めたんだ。ここが僕のジャズ人生のスタート地点かな。


どんなミュージシャンに影響されましたか?

ジャズピアニストとしても作曲家としても、もちろん沢山のアーティストに影響されてきてはいるけど、とにかく僕のオリジナリティを作っているのは、一度ジャズピアニストをすっぱり辞めてCM作曲家になったことが大きい。制約の少ないジャズから制約だらけのCM音楽の世界に飛び込んだってことだよね。

CM音楽の世界はいろんなオーダーに答えなければいけないから、その時にありとあらゆるジャンル、世界中の音楽をむさぼり聴くように勉強したんだ。そして、最近また、ジャズプレイヤーに戻った。そうするとまた別の視点でジャズのプレイができているんだ。今はプレイヤーであると同時にプロデューサーの視点も持ち合わせている。そんなこれまでの経歴こそが僕に影響をあたえているかな。


では、あらゆるジャンルでのベスト5アルバムを教えてください。

無理っ!
今まで嫌っていうほど、ありとあらゆる音楽を聴いてきているから、ちょっと選べません!ごめんなさい!!


『ルパン三世』というアニメ作品は大野さんの音楽なくしては語れませんが、大野さんにとって『ルパン三世』とはどのような存在ですか?

僕がルパン音楽を作り始めてから39年近く経つけど、ここまで来ると僕の音楽人生そのものと言っても過言ではないかな。

ルパンという主人公が無国籍で世界中を飛び回る設定や、5人の個性豊かな愛すべきキャラクター設定は、JAZZミュージシャンを経て、あらゆるジャンルのCM音楽を膨大に作ってきた僕にとっては、音楽制作の点から見ても、「ルパンの音楽」は天職だと思っているんだ。


作中のキャラクターで一番好きなキャラクターは誰ですか?

『ルパン三世』が素晴らしいのは、ルパン・次元・五ェ門・不二子・銭形、5人の絶妙なバランスや各々が強烈に個性を放っている点で、5人とも大好きなんだけど、なんだかんだ言って、やっぱりルパンが一番好き!


膨大なアレンジが存在する『ルパン三世のテーマ』からご自身によるベスト5を教えてください。

無理っ!
今まで嫌っていうほど、作ってきちゃったからね。このベスト5も、ちょっと選べません!ごめんなさい!!

なんせ、『LUPIN!LUPIN!!LUPIN!!!』という『ルパン三世のテーマ』のアレンジ違いしか入っていない2枚組のアルバムがあるほど(笑)。しかもその後にリリースした『BOSS ANIME』にもそこには入っていない『ルパン三世のテーマ』だけでCD1枚作れちゃったから……

しいて言えば、新テレビシリーズのオープニングで使われている最新バージョンってことかな。


ジャズマンといえばスーツというイメージがありますが、ファッションについてのこだわりは?

シンプルイズベストだと思っているので、なるべくシンプルにゴチャゴチャしないファッションを心掛けているよ。

ミュージシャンとして実力があるのは当たり前だけど、それに加えて衣装に気を使い、恰好良くいることは大切なこと。ちなみにこれまでのうちのバンドはいつもアルマーニを着ているんだ。


今回、『ルパン三世』と伊勢丹がコラボレーションしたのですが、大野さんは伊勢丹でお買い物することはありますか?

最近の人は知らない人も多いと思うけど、実は大昔に伊勢丹さんのCM音楽をかなり沢山担当させてもらっていたんだ。なんてったって館内で流れるBGMも担当してたからね。さすがにもう、流れていないとは思うけど……

そんなこともあり、昔から他のデパートよりもおしゃれなイメージがあって、今でもよくメンズ館に買い物に行ってます!


精力的に活動し続けるモチベーションはどこから?

そんなに精力的に活動するつもりはないんだけど、毎年気がついたらすごい精力的になっちゃっているって感じ(笑)。「作曲の締め切り」と「お客さんの拍手」がモチベーションかな。


ジャズって難しいと感じている方に、聴き方や楽しみ方を教えてください。

ジャズって敷居が高いな~とか難しいな~とか考えず、とにかく好きなように楽しむつもりで聴いてみてください。

おススメはもちろん僕のCD(笑)。


『ルパン三世』の音楽で今後チャレンジしたいことはありますか?

もうこれまでアレンジの数なんかも含めてチャレンジしつくしちゃっているので、チャレンジしたいことはもう残っていません(笑)。

最近は「昔のアレンジに似ているかな?」とか「これは前にやったな~、あの曲と似ているな~」とかは考えずに開き直って取り組んでいるんだ。だから、諦めて、開き直って作るってことが今後チャレンジしたいことかな。


それでは最後に、これからリリースされる作品のご紹介をお願いします。

3月に、今回の新テレビシリーズ『ルパン三世』のサントラ第2弾が発売になるんだ。

新テレビシリーズ『ルパン三世』制作当初、音楽監督からは50曲分ほどの音楽メニューを渡されたんだけど、作品の内容が面白すぎて、あんなのも作りたい!こんなのも作りたい!!なんてやっていたら、うっかり250曲も曲を作ってしまって。とてもじゃないけど1枚のサントラCDには収まりきらなかった(笑)。

あとは昨年末に行った超プレミアムなアニメとのコラボコンサートのDVDとBlu-ray Discも発売になるから、よろしく!