大人のたしなみ、
はじめてのシェリー

実はシェリーは飲むシーンも合わせる料理も選ばない付き合いやすいお酒。国内でいち早くシェリーに着目し、2005年に「シェリーの品揃え世界一」としてギネスブックにも登録された銀座〈しぇりークラブ〉の店長・須釜伸一郎氏が、シェリービギナーの疑問にお答えします。さあ、芳醇なるシェリーの世界の扉を開いてみませんか。

バルしぇりークラブ〉シェリーとタパスのマリアージュセット3種 各日100セット限り 2,484円(シェリー3種・タパス3種/日本製)

バルしぇりークラブ〉プレミアムシェリーセット「長期熟成シェリー」4種 10,001円(シェリー4種・タパス付/日本製)
※シェリーの銘柄は変更になる場合がございます。

会場ではシェリー酒のプロ「ベネンシアドール」の
パフォーマンスもお楽しみただけます。

Q1そもそもシェリーってなんですか?

スペインのアンダルシア州の南にある「ヘレス」という街の周辺で造られる白ワインの一種です。

Q2飲んだことがないけれど、シェリーってどんな味?

白ワインのようなすっきりとした辛口から、黒蜜やプルーンのような濃厚な極甘口までさまざまな味わいをお楽しみいただけます。

Q3たくさん種類がありすぎて選べません。

ラベルには「Manzanilla(マンサニージャ)」や「Fino(フィノ)」など、必ず「タイプ」が記入されています。そのタイプが辛口か甘口か、重めか軽めかを確認してお好みの味わいを見つけてみてはいかがでしょうか。

Q4はじめての1本におすすめは?

お客さまのお好み次第ですが、日本酒好きには「マンサニージャ」や「フィノ」、ワイン好きには「アモンティリャード」、ウイスキー好きには「オロロソ」、梅酒好きには「ミディアム」、スウィーツ好きには「モスカルテル」や「ペドロヒメネス」がおすすめです。

Q5バーでのスマートな注文の仕方が分かりません。

好きなお酒やよく飲む銘柄などをお伝えいただければ、お客さまにおすすめの1杯をお選びいたします。2杯目以降はその味をベースに違うタイプにチャレンジしてみてください。

また、食前の場合は軽めの辛口か中甘口を、食後であれば中辛口か甘口をおすすめいたします。いずれにしてもいろいろなタイプをお楽しみいただけるのがシェリーバーの醍醐味です。

Q6どうやって飲むんですか?

まずはそのままストレートで、芳醇な香りや奥深い味わいをお楽しみください。お酒に弱い方はロックやソーダ割りでもおいしくいただけます。またコーヒーや紅茶に少し入れるのもおすすめです。

Q7おすすめのおつまみはなんですか?

シェリーは製法により多様な味わいがあり、和洋中のさまざまな料理とマリアージュが可能です。一例として、軽めの辛口には生ハム・オリーブ・魚介のマリネなど、重めの辛口にはマンチェゴ(スペインチーズ)・煮込み料理など、甘口系にはスペイン産ブルーチーズ・ドライフルーツ・焼菓子などをおすすめいたします。

Q8ちょっと自慢できるウンチクが知りたいです。

1.シェリーは長い船旅に耐えるために発達したお酒で、大航海時代にコロンブスやマゼランが船に積んだことでも知られ、世界一周の立役者になったお酒でもあります。

2.劇作家シェークスピアが愛したお酒で、数々の作品にシェリーを飲むシーンが登場します。

3.俳優の故・松田優作氏はティオペペを愛し、主演映画『探偵物語』にはTioPepeのロゴが書かれた箱が登場します。

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。