EAT

ニューヨークを食べる

MAIN
BUILDING
6F

ずっしり、しっとり、リッチなブラウニー。ニューヨークでは、週末に行列ができるほどの人気を誇る注目のブランドがやってきます

BAKED
ディープダーク・ブラウニー 540円
(1個/日本製)
ブラウンシュガー・ブロンディ 540円
(1個/日本製)

□5月25日[水]~30日[月]
□新宿店本館6階=催物場

SPECIAL INTERVIEW
RENATO POLIAFITO of BAKED
in New York

プロフィール:
ブルックリンのレッドフック、マンハッタンのトライベッカにあるベーカリー及びコーヒーショップ〈BAKED〉の共同所有者。近刊本「Baked Occasions」などのレシピ本4冊の共同執筆者。

NYという土地を選び、活動を続けている理由

ニューヨーク生まれなので、この街を活動の場に選んだのはとても簡単な理由からです。ニューヨークに暮らすのも、このコミュニティーの一員であることも非常に気にいっています。私にとってこれをうまく表現できる方法は、近所の人が集まれる場所、つまりはすごく美味しいデザートを食べたり、美味しいコーヒーを飲んだりできるコーヒーショップ/ベーカリーをヒップで居心地の良い環境にオープンすることだったんです。現在2カ所(ブルックリンとマンハッタン)に店舗がありますので、有能で意識の高いスタッフを抱えることは何よりも重要でした。また、〈BAKED〉では、ベーキングミックスやグラノーラ、耐熱皿といった様々な企画を展開することでブランドを育てる機会を得ることができました。

ブランドの核となるコンセプトや考え方

〈BAKED〉のコンセプトはクラシックなアメリカンスタイルのデザートです。スリーレイヤーのチョコレートケーキ、フルーティーなアップルパイ、チューイーなチョコチップクッキー、しっとりしたウーピーパイ、カップケーキ、ブラウニー、クッキーバー、マッフィン、ビスケット、スコーンにまだまだたくさんあります!美味しいベーカリーが何百店とひしめく都会で、アメリカンスタイルのベーカリーをつくり、その分野で一番になること。最高の1杯のコーヒーを最高のケーキとスマイルと共に提供することでした。これは達成できているのではないかと思いたいですね。

NYの最も好きなところ

ニューヨークは東京と非常に似ていて驚くほどのエネルギーをもつ場所です。その他の都市ではめったにみられないと思います。文化、食(本当に素晴らしい食がたくさんあります)、スタイルといったあらゆる面でみることができます。ニューヨークという街はいつでもこの“エネルギー”に浸ることができるんです。夜に素晴らしいレストランで食事して、パフォーマンスを観に劇場へ向かい、バーやクラブに出かけて夜明けに帰宅する。翌晩は友達を招き自宅で静かなディナーを楽しむ。すべてが手の届くところにある。ニューヨークとは、一人一人が自分にあった”アドベンチャー”を選べる、そういった街なんですよ。

New York Weekにいらっしゃる方へのメッセージ

New York Weekに参加できることを光栄に思うと同時に、非常にワクワクしています。私たちがお菓子作りに傾ける情熱と同じくらい、東京の方にもアメリカンスタイルのデザートを気に入ってもらえれば最高です。