PEOPLE

ニューヨークのリアル

photo by zakkubalan

RYUICHI SAKAMOTO

坂本龍一氏 インタビュー

RYUICHI SAKAMOTO_サカモト リュウイチ
音楽家。1952年、東京生まれ。78年「千のナイフ」でソロデビュー、同年YMOを結成し、テクノ・ブームの中心的存在に。83年に「戦場のメリークリスマス」で英アカデミー賞音楽賞、87年には「ラストエンペラー」で米アカデミー賞作曲賞、グラミー賞などを受賞。

NYという土地を選び、活動を続けている理由

そもそも、世界のあちらこちらに行くのに一番真ん中あたりに住めば、時間的にも肉体的にも効率がよいと思ったからです。

インタビューの続きを読む

NYの最も好きなところ

NYの利点だと思うところは、世界中から人が移り住んでいるので各国の食があると同時に、音楽とミュージシャンが存在するということです。また、競争が激しく何事もスピードが速い。やる気に満ち、エネルギー値が高いことも魅力だと思います。

NYを色で例えると?

レインボウ。何でもある、雑多なイメージです。

知人にNYをおすすめする時のポイントは?

特に夕焼けが美しいです。

これから、NYはどう変化していくと思うか

より整備されることで管理社会化が進み、物価もますますあがっていくと思います。若者が住みづらい環境になっていくのではないでしょうか。よって、若者は自由を求め外の世界へと旅立っていく。ロンドンやパリなど、世界の主要都市では、どこでも同じことがいえると思います。

自身の作品もNYの影響を受けている?

僕はほとんど引きこもっているのでそれほど影響は受けませんが、たまに誘われて初めてのレストランに行ったりすると、驚くようなシェフと出会ったりして、とても強い刺激を受けることがありますね。

これから世界での活躍を目指す人にメッセージを

今、ジャンルによってはドバイや上海、ベルリンなど、世界一と呼ばれる都市は世界中にあります。さらにインターネット上では、たとえばアゼルバイジャンとスウェーデンとイスラエルの人が一緒のプロジェクトに関わっていたりもします。要するに、どこに行くのか、誰と会うのかなどは、自分が何をやりたいかによって決められる時代なのだと思います。

photo by zakkubalan