STYLE

ニューヨークの人

MAIN
BUILDING
2F

SAYA FUKUDA

フクダ サヤ氏 インタビュー

NYという土地を選び、活動を続けている理由

アート、ファイナンスなど、世界でトップレベルの人たちに囲まれ、自分も常にそのレベルと同じように動かないといけない。その焦りや優越感などと格闘しながら、そしてトップと自分の差の比較をしながら、人から指図されるのではなく、自分のペースを探し、自分の世界を探し、自分のやっていることをしっかりと確認しながら、世界規模で動くことができるからです。また、そういう人をサポートする社会が充実しているので、自分もたくさんのアーティストをサポートできるようにと、毎日考えています。

インタビューの続きを読む

ブランドコンセプトについて

ニューヨークの女の子がどういうときに何を使っているのか。毎日女の子の靴を見て研究しています。かっこ良くて気持ちいい、毎日使える、ずっと使える。そんな商品を目指して、1足ずつミシンで愛を込めて縫っているサンダルです。冬は寒く、長く、疲れてしまうので、必ず一冬に2、3回はカリブ海のリゾートに旅行に行って日焼けをする。夏はハンプトンにいって社交場に顔をだす。そんなときに旅行バッグに入れておきたい一足になるために、愛されるビーチサンダルになるために、素敵なデザインを考えています。

NYの最も好きなところ

カルチャーがある。みんな頑張り屋さん。大人が遊び上手。普通の人がいないから自分が普通にみえる。世界中からきている友だちがたくさんいる。どこにいっても写真をとりたくなる。そんなところが、私にとってのNYの魅力ですね。

作品を作るうえで、大切にしているポイント

履いていて気持ちいいこと。他にないデザインであること。履いているとテンションがあがること。ニューヨークの街並みからインスパイアを受けてデザインすること。便利なこと。全部コレクションしたくなること。

New York Weekにいらっしゃる方へのメッセージ

一つひとつ愛を込めて作っています。みなさんにその愛が伝わりますように!履いてくれる方が毎日ハッピーになれますように。履けばニューヨーカーの気分になれる!そんなシューズです。

〈ナンバートゥエンティワン〉とのクリエーターズコラボから生まれた、スポーティなスニーカー。〈サンドバイサヤ〉のブランドアイコンであるビジューが付いたフリンジがアクセントになっています。

〈ナンバートゥエンティワン サンドバイサヤ〉
スニーカー 各19,440円 (合成皮革/22.5〜24.5cm/中国製)

■5月25日[水]~31日[火]
■新宿店本館2階=婦人靴