英国の暮らしの哲学

ときに伝統的に、ときに革新的に。英国では日常の中にも「英国らしさ」が息づいています。そんな英国文化を愛してやまないおふたりに、英国のライフスタイルを日本のご家庭で楽しむためのヒントについてお聞きしました。

やっぱり気になる、英国のティースタイル。
英国生活文化・紅茶研究家の田宮緑子氏にお聞きしました。
田宮緑子(たみや・りこ)
ロンドン大学SOAS(東洋アフリカ学院)でジャパニーズ・ティーチングを学び、サティフィケートを取得。ロンドン大学やレディング大学での学生生活を通して、英国生活文化に興味をもつ。帰国後は「紅茶の先生」として、紅茶、お茶菓子、料理など英国の食と暮らしをテーマに、大学や企業、メディアにてセミナーや講演活動を行う。

Q英国で好まれている紅茶の種類、飲み方はなんですか?
時代とともに変化していますが、英国の伝統的な飲み方はたっぷりミルクを入れた、砂糖入りミルクティーですね。紅茶を濃く入れて、グラニュー糖の甘みで紅茶のコクを引き出します。種類(フレーバー)は特にこだわりなく、お好きなものを中心に何種類も揃える方が多いようです。シチュエーションによって、簡便なティーバッグとリーフティーを使い分けて紅茶を楽しんでいます。
Qこれだけは覚えておきたい、アフタヌーンティーのマナーはありますか?
音を立てないこと。紅茶を飲むときにすする音や、カトラリーのカチャカチャした音などに気をつけるといいでしょう。
Q自宅でのアフタヌーンティーをより楽しむためのポイントはありますか?
何種類ものフレーバーを用意し、お茶受けもたっぷり用意するといいでしょう。アフタヌーンティーは、おもてなし。一種の社交の場でもあったんです。長時間ゆっくり楽しめるよう、お客さまをお招きする気遣いがあるといいですね。

新作の「ティーガーデン」シリーズのカップ&ソーサーに、紅茶の付いた特別セットをご用意。期間中は〈ウェッジウッド〉のコレクションを中心に、ケーキスタンドやカトラリーなどヴィンテージシルバーをコーディネートし、英国のティータイムのおもてなしスタイルをご提案します。

ウェッジウッド
ティーガーデン ティーカップ&ソーサー(レモン&ブラックベリー)ペア・紅茶セット 50セット限り 特別価格15,120円 (ティーカップ&ソーサー:タイ製/カップ:口径10.5×高さ6cm・容量250ml、ソーサー:直径15cm/紅茶:スリランカ・インド産/ウェッジウッド アソートフルーツフレーバーティーバッグ20袋)

English Sweet Tea Time 〜紅茶の楽しみ方〜

□11月2日[水]〜8日[火]
□新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5

EVENT ミニトークショー

□11月2日[水]午後1時〜、2時30分〜、4時〜(各回約20分)
□新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5
紅茶研究家の田宮緑子氏が、クリスマスシーズンの紅茶の楽しみ方についてミニトークショーを行います。

問題8

英国で紅茶と言えば「ミルクティー」を指しますが、英国王立化学協会が発表した、正しい作り方の手順にあるのは次のうちどれ?

A.先に紅茶を注いでからミルクを注ぐ B.ミルクと紅茶を同時に注ぐ C.先にミルクを注いでから紅茶を注ぐ

アートを通して知る、英国のライフスタイル。
銅版画家の松本里美氏にお聞きしました。
松本里美(まつもと・さとみ)
銅版画家。法政大学哲学科卒業。セツ・モードセミナー研究科卒業。伊勢丹新宿店での個展の他、首都圏を中心に大阪や京都でも作品を発表している。「英国男子制服コレクション」(新紀元社)、「英国フード記 A to Z」(三修社)など、英国関連の出版物の銅版画によるイラストも手がける。見る人に、物語を想像させる銅版画でファンも多い。

Qアートとのつきあい方は、英国と日本で異なりますか?
英国では、絵描きでも音楽家でも、自ら企画し発信していけば、国が後押しし、保護してくれるシステムがあります。だから、年齢に関係なく「若々しい」パワーが常に街を満たしています。伝統的なモノを大事にしていますが、裏を返せば新しいモノを受け入れる歴史ということができます。
いつの世も古いものに異議を唱える人々が現れるのは当たり前。けれど英国民はそういった意見や動きをしっかり見据え、ディスカッションしていく事を忘れません。メディアも古くから風刺漫画や記事を大事にし、究極的には笑いにしてしまいます。こうやっていつしかパンキッシュなモノも伝統になっていくのでしょう。
このような成熟した文化を、同じように古い歴史を持つ日本ももっと真似できるのではないかと思います。日本も素晴らしい宝物のような伝統がたくさんあるからこそ、とんでもなく新しいものが生まれる国ですが、混ざり合うことがなかなかできないように感じます。相容れないなら相容れないで、英国のように、辛辣なジョークでやりすごすまでいきたいものです!
Q今展のテーマでもある英国男性の、どのようなところに一番魅力を感じますか?
わたしが初めて見たかっこいい英国人は、ビートルズと、退役軍人のホテルのドアマンの写真です。雑誌に載っていたビートルズはぴったりしたスーツで、頭が小さく、脚が長い。そして何よりスーツ姿でエレキギターを持っている!「これこそ伝統と革新」と、当時の小学生はそこまで考えてはいないけれど、なんともかっこいいと思ったものでした。そしてホテルのドアマン。勲章をつけたユニフォームには威厳がありました。スーツは英国人が着てこそだなあ、わたしが男だったら最初のスーツは絶対サヴィルロウで作る!紳士でも不良でも、誂えたスーツを着れば英国人はかっこいい。そんなわけで、新作は「初めての仮縫い」です。一世一代、緊張のBespoke。

歴史、文化、ファッション、食と酒など英国をこよなく愛し、英国にまつわる作品を数多く発表している松本里美氏の銅版画展を開催。今回は、昨年新宿店で発表したシリーズの第2弾として、英国の男性の、英国ならではの「こだわり」をテーマに、最新の銅版画も含めてご紹介します。

松本里美「初めての仮縫い」 75,600円 (日本製/銅版画/シートサイズ36×45cm)

松本里美銅版画展 -英国シリーズⅡ「こだわる男」-

□11月2日[水]〜8日[火]
□新宿店本館5階=アート&フレーム

作家来場

□11月5日[土]午後4時〜7時
□11月6日[日]午後2時〜4時

問題9

大英博物館をはじめとした、英国の国立の博物館・美術館について、次のうち正しいのはどれ?

A.入館料は無料である B.館内を自由に写真撮影できる C.年中無休である