奥深き英国ミルの世界

世界的に信頼される上質な紳士服地を、時代をこえて生み出し続ける英国ミル(毛織物工場)。創業200年以上の老舗から、伝統的な手法に現代的な感性が活きる新進メーカーまで、英国ジェントルマンのスタイルの「いま」をミルから紐解きます。

英国サマセット州ウェリントンにて1772年に創業。サヴィル・ロウのテーラーの間でも長く愛され続ける、フランネル生地の代名詞的な老舗ミル。

「フォックスブラザーズ」の生地を使用し、英国製にこだわった三越伊勢丹限定品。しっかりとした印象のヘビーウェイトコートは、英国の伝統と格式を感じさせてくれます。

チャーチル
ダブルブレストコート 168,480円 (英国製/毛100%/34〜42)
[三越伊勢丹限定]

オール・イングランドミルズ〈チャーチル〉

□11月2日[水]〜8日[火]
□新宿店メンズ館5階=ビジネス クロージング

2011年にロンドンにて設立された個人経営のミル。旧式の織機を用いて伝統的な手法で生産された生地は、現代の織機では再現できない独特の風合いを持つ。

ロンドンの新進ミル「ロンドンクロスカンパニー」の生地を使用したジャケット。英国の伝統的な手法で生み出された生地は素朴でざっくりとした風合いを持ち、ブルー×イエローの色合いもシックな印象です。

プリングル1815
ジャケット 78,840円 (日本製/毛100%/38・40)
[三越伊勢丹限定]

□新宿店メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル

問題6

ジャケットにある背中の切れこみは英国発祥といわれますが、その目的は何?

A.腰につけた剣を抜きやすくするため B.お尻の部分が擦れるのを防ぐため C.乗馬で動きやすくするため

1880年、毛織物の盛んな英国ヨークシャー地方にて創業。英国の漁猟、狩猟文化から生まれた、水や風に強いオイルドコットンの代名詞的メーカー。

数々の英国ブランドで採用される「ブリティッシュミラレーン社」のオイルドコットンを使用した伊勢丹新宿店限定品をご用意。ブラックウォッチ柄とレザーのコンビネーションデザインが新鮮です。

上:〈チーニー
ブーツ 82,080円 (英国製/牛革・綿/6〜8.5)
下:〈トリッカーズ
シューズ 91,800円 (英国製/牛革・綿/6〜8.5)
ブーツ 93,960円 (英国製/牛革・綿/6〜8.5)
[すべて伊勢丹新宿店限定]

□新宿店メンズ館地下1階=紳士靴

問題7

英国のミル(毛織物工場)は、ハダースフィールドという街が聖地とされますが、この街で盛んとなった大きな理由は何?

A.水が豊富だった B.乾燥地帯だった C.羊の飼育に適していた