機動戦士ガンダム×ISETAN WELCOME TO ZEON
FEATURE

伊勢丹限定ガンプラが登場!
プロに学ぶスマホでガンプラ撮影術

お気に入りのガンプラを、スマートフォンで格好良く撮るには? 「HG 1/144 シャア専用ザクII 伊勢丹限定リミテッドカラーVer.」をモデルに、プロカメラマンに3つのポイントを指南してもらいました。

指南1
「ポージングや構図」を考えよう

ただ何も考えずに撮影するだけでは、ザクⅡが持つ魅力も消えてしまいます……。まずはリアリティを感じさせるポージングを考えてみましょう。

足をどっしりと開かせて、低いアングルから撮影することで、モビルスーツの重量感や安定感が演出できます。ずいぶん印象が変わりますよね。ちなみにカメラをズームに設定すると、被写体のゆがみを少なく撮影できます。

スマートフォンを傾けて、躍動感をプラスしてみました。被写体にしっかり寄って撮影すると、スマートフォンのカメラでも前後がボケて、ザクⅡの印象が際立ちました。

どのようなポーズで、どの部分を切り取るかというのは、写真の土台となる部分であり、醍醐味のひとつでもあります。

指南2
「背景」を考えよう

家の中などで生活感のあるものが写真に写り込むことはやはり避けたいところ。街や空の風景をいかして撮影すると、まるでそこにモビルスーツが現れたようで新鮮な印象です。

白のコピー用紙を、ゆるやかなカーブを描くように壁に貼り付けて、背景紙として使用するのもオススメです。床と壁の境目を隠して、継ぎ目のないなめらかな背景で撮影できます。

色の付いた壁があれば、そこも背景に使えそう。黒色の壁をバックにすれば、締まりのある写真に仕上がります。身近な環境でいろいろな背景を探して、試してみるのも面白いですよ。

指南3
「光」を考えよう

同じアングルでも、光の強さや当たり方で印象が変わります。強い光を当てると、立体感が出て色鮮やかな写りです。

逆光をいかして、ザクⅡのシルエットを際立たせてみました。被写体を明るくしたい場合は、コピー用紙をカメラの前にかざして光を反射させるとキレイに写せます。

撮りたいイメージに合わせて光を意識することで、写真の仕上がりに歴然な差が表れます。手軽にいろんな撮影方法に挑戦できるのが、スマートフォンのカメラの良いところ。楽しみながらユニークな1枚を撮影しましょう!


バンダイ
HG 1/144 シャア専用ザクⅡ 伊勢丹限定リミテッドカラーVer.
2,700円(アクションベース付)
[伊勢丹新宿店限定]
■伊勢丹新宿店本館7階=バンケットルーム

※撮影用にライトを当てています。実際の商品とは異なる場合がございます。
※お一人さまにつき、5点までのご購入とさせていただきます。 
※混雑状況により、入場を制限させていただく場合がございます。 
※混雑状況により、整理券などを発行させていただく場合がございます。 
※誠に勝手ながら、お電話でのご注文・代引配送、お取り置きは承っておりません。
※詳しくは当日係員におたずねください。
※販売方法の詳細は新宿店ニュース をご覧ください。